全周囲立体モニタシステム OMNIVIEW®

「⾒たい場所を・⾒たい位置から・⾒たい角度で」⾞両周辺360度を表示することが可能です。

ソシオネクストの全周囲⽴体モニタシステム “OMNIVIEW®(オムニビュー)*”は、ドライバーの視覚補助として、⾞両に取り付けた複数カメラからの⼊⼒画像を3次元モデル上で合成する技術です。

従来の技術ではカメラ映像を2次元の平面上に投影するため、上方からの俯瞰映像しか表示できず、周辺の⾞両や歩⾏者の識別が困難でした。全周囲⽴体モニタシステムは、⽴体的な3次元曲面上に映像を投影しているため、⾃由に視点を変更し、「⾒たい場所を・⾒たい位置から・⾒たい角度で」⾞両周辺360度を表示することが可能です。

*:OMNIVIEWは株式会社ソシオネクストの登録商標です。

  • 概要
  • 適用事例
  • 開発プラットフォーム
  • サポートソフトウェア
  • ドキュメント

概要

全体イメージ

全体イメージ

特長

先進の3D技術で、前後左右のカメラ映像を画像処理して⾞両周辺を⽴体視することが可能

⾞両やシーンに合わせて投影⾯を⾃由に設計可能

Surround view system規格(IEC 63033)に準拠

紹介映像

全周囲立体モニタシステムの機能概要を紹介します。

適用事例

特殊⾞両(建機)

表⽰⽬的に応じて、特殊⾞両固有の「⾒たい」部分を集中的に表⽰できます。

特殊車両(農機)

表⽰⽬的に応じて、特殊⾞両固有の「⾒たい」部分を集中的に表⽰できます。

ドローン

ドローンに取り付けた4方向のカメラ画像を3次元モデル上で合成することにより、宙に浮かび全方位を見回すかのように表示できます。

プレジャーボート

ボートに取り付けた4方向のカメラ画像を3次元モデル上で合成することにより、操船中に目視しづらい船上の様子や船の走行状態を一目で確認できます。難しい接岸操作も、見たい位置、角度からの映像で運転者の視覚をサポートします。

開発プラットフォーム

MB86R10/MB86R20/SC1810 Series リファレンスキットにより、簡単にご評価いただけます。

開発プラットフォーム

サポートソフトウェア

全周囲立体映像の作成をサポートするオーサリングツール、および全周囲立体画像の表示を実現するミドルウェアを提供し、全周囲立体モニタのアプリケーション開発をサポートします。

サポートソフトウェア

ドキュメント

カタログ